中絶を決断する時期は早めにする

妊娠をした時には、嬉しいと感じる人もいれば、どうしようという風に考える人もいます。望んで妊娠したのであれば喜ばしいものですが、望まない妊娠なのであれば、どうしようという風に思ってしまう事でしょう。特に未成年で学生などの場合は、まだ結婚もしていない状態ですので、これからの人生の事も考えなくてはなりません。妊娠したことが分かったのであれば、その後どうするかを早く決めるようにしなくてはならないでしょう。

未成年で親に打ち明けることが出来ないまま過ごしている間に、赤ちゃんはどんどんお腹の中で大きくなっているのです。そのままの状態が何週間も続くことによって、中絶をしようと思っても出来ない期間に入ってしまうことになります。中絶が出来る期間としては、妊娠21週6日までという風にされていますので、この期間を過ぎれば中絶をすることが出来なくなってしまいますので、遅くてもこの時期までに中絶をするかを決めなくてはなりません。あまりにもギリギリになって病院に行くのはよくありませんので早めに行くようにした方がいいでしょう。

そして妊娠21週6日までであれば中絶は可能だと言っても、出来るだけ早い段階で決断をするようにした方が体の負担が少なくてすむようになります。ですので決断をするのであれば、妊娠がわかってすぐ位の方にした方が、体に負担が少なくてすむようになりますので、出来るだけ早く決断をするようにしなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です