自ら進んでストレスチェックを受けよう

積極的な姿勢を持ってストレスチェックを受けることがとても大切です。制度化することによって受ける機会が増えることになりましたが、まだまだ物足りないのが現状になっています。50人以上の規模を持つ企業はストレスチェックを実施する義務が発生しますが、従業員には義務は発生していません。拒否することも可能です。

これは健康診断とは明らかに違う点になりますので、その違いことよく理解しておかないと有意義なチェックを受けることができなくなります。自ら拒否することができるのがストレスチェックになりますので、そうならないために、積極的な姿勢を持って取り組む必要が出てくるでしょう。50人以上の規模を持つ企業に勤めているのであれば、健康診断のとき一緒に受けることができます。それを拒否せず積極的に受けてください。

なかなかストレスを可視化することは難しいです。通常の生活をしていれば明らかにそんなことはできません。その可視化こそ意味がありますので、ストレスチェックを自ら進んで受けてください。ストレスそのものは病気を引き起こすものではありませんが、間接的に関与し、それは命を奪う病に発展するようなこともあります。

そうならないためにも早めに自身のストレス具合を把握して、解消のための対策を練るようにしましょう。ストレスを可視化することができれば、その解消方法にも関心を持つことができますので、対策をとることができるようになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です