ストレスチェックとはどんなものなのか

ストレスチェックは、2015年の12月から実施が義務化された制度です。労働者に心の健康を調べる検査を受けてもらい、精神的な負担が溜まっている状態あるのかを労働者自身に気づいてもらう形になっています。ストレスチェックの検査結果は事業者にそのまま渡らないように保護されており、労働者の同意があるに事業者へ情報提供が行われます。検査を受けた後は、ストレスを評価・判定する段階です。

まず、労働者のストレスがどの程度のものなのかが評価されます。同時に、医師の面接指導が必要かどうかも判断され、結果が動労者に通知されます。通知の後、労働者から医師の面接指導を希望する申し出があった場合には、医師が労働者に面接指導を行う流れです。その結果を踏まえて、事業者が医師の意見を元に職場の改善を進めていく義務が生じます。

一方、検査結果の内容は集団としても集計され、これも職場の改善に利用される情報になります。これらのように、ストレスチェックは労働者の心の健康を維持する為に実施されるものです。近年、問題になっている労働者の心の不調を未然に防ぐ対策になります。労働環境を改善し、労働者の心身が健全な状態で保たれるように努める事は、労働者が安心して能率の良い仕事のできる生産性が高い職場を築き上げるきっかけになるでしょう。

これまで明確にされてこなかった職場の問題点が可視化される事により、問題解決の糸口にもなる制度となっています。AEDのレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です